目次 [ close ]

18-1

18-2

電車はとにかく正に動く密室なので、私たちパニック障害者の天敵と言っても間違いはないと思います 地上を走っているし、外も見えているし、駅に停まれば扉も開くのですが、最初にその箱に入ること自体がもう不安でできないので、条件など関係ないに等しいのです そして乗ったら乗ったで次からは、必ず予期不安が現れてしつこく付きまとうので、いつまで経っても抜け出せない状態に陥ってしまいます

19

20

「自律神経」なんていう言葉は日々普通に生活している分にはあまりお目にかからない言葉だと思います もちろん言葉自体は誰もが知っているはずですが、わざわざそれについて考えてみる機会がないという意味です 正直、自律神経は知れば知るほど奥が深く、どんどんわからなくなっていく感じで、正しい答えなど得られないものだと思って臨むくらいが、ちょうどいいと思います